『オーシャンズ11』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで見れる?

『オーシャンズ11』のあらすじ(ネタバレ注意)と対応の動画配信サービス(VOD)をご紹介しています。

『オーシャンズ11』が視聴できる動画配信サービス

動画配信サービスをクリックするとより詳しい情報が見れます。

VOD 無料お試し期間 配信
FODプレミアム 31日間 ×
TSUTAYA DISCAS 30日間
ビデオマーケット 初月
Hulu 2週間
U-NEXT 31日間
dTV 31日間
dアニメストア 31日間 ×
auビデオパス 30日間
Netflix 1か月間 ×
※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 『U-NEXT』を詳しく!!

『オーシャンズ11』のあらすじ(ネタバレ含む)

オーシャンズ11は、2001年公開のアクション映画です。原作は、1960年公開の映画『オーシャンと十一人の仲間(英語タイトル:Ocean’s Eleven)』で、そのリメイクにあたる作品です。

監督は、「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」などで名を馳せたスティーブン・ソダーバーグです。

オーシャンズ11は、ラスベガスの大手カジノの資金が集まる金庫の金庫破りを巡る泥棒たちの活躍を描いた作品です。カジノを舞台にした華やかな雰囲気とジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットをはじめとする豪華な俳優陣の共演で、公開当時一世を風靡しました。

ダニー・オーシャンの金庫破り計画

オーシャンズ11の主人公は、ダニー・オーシャンという名の泥棒です。ダニーは、窃盗の罪で逮捕され、4年間の服役生活を送りますが、その間にあるとてつもない窃盗計画を立てます。

それは、ラスベガスの三大カジノの資金が集まる金庫から、大金を盗み出そうというものです。金庫に集まる金は、ボクシングのタイトルマッチが開かれる夜には、1億6,千万ドルにも昇ります。

仮釈放で出所したダニーは、昔なじみの泥棒仲間に次々と声をかけ、10人のメンバーを集め、計画を実行に移します。

ダニーが集めた10人(オーシャンズ)は以下のメンバーです。

  • ラスティ:詐欺師でダニーの右腕
  • フランク:カジノのいかさまディーラー
  • ルーベン;カジノ経営者
  • バシャー:爆破の専門家
  • バーシルとターク:潜入と変装の専門家
  • イエン:雑技団の軽業師
  • リヴィングストン:電気の専門家
  • ソール:隠居したカリスマ詐欺師
  • ライナス:スリの天才

ダニーは中の10人とともに、金庫破りの作戦を実行に移します。しかしダニーには、金庫破りの他に、もう一つ秘めたる計画がありました。

それは、自分が窃盗犯であることがばれたため離婚協議中である妻のテスを取り戻すことです。テスは、金庫破りの標的にあるカジノのオーナーであるベネディクトと付き合っていたのです。

ダニーは、冷酷非道な性格を持つベネディクトを自らの手で打ち負かすことで、妻を再び振り向かせようと計画したのでした。

計画を見事成功させたオーシャンズ11だが・・・

オーシャンズは、ラスベガスの街を停電させ、その混乱に乗じて盗みを働く計画を立てます。当初は、爆破により、停電を引き起こす予定でしたが、計画は途中で破綻したため、事前に、「ピント」という停電を引き起こす装置を盗み出します。

そしていよいよ計画当日、オーシャンズのメンバーは、様々な手段を講じて標的となるカジノに侵入します。ダニー本人は、カジノ内でわざとベネディクトの部下に捕まることでカジノ内部に入ります。

他のメンバーも、大富豪に化け死んだフリをする、カバンの中に身を隠すなどの奇想天外な方法で次々とカジノへの侵入に成功します。

しかし、金庫は、12時間ごとに暗証番号が変わる3重の扉や2重の音声認識が必要なエレベータなど厳重なセキュリティで守られています。オーシャンズは、これもあの手この手を用いて打ち破り、ついには、金庫から金を持ち出すことに成功します。

計画の成功の後、ダニーは、仮釈放中の身であったため、再び刑務所に戻ります。そして、刑期を終え、出所したダニーの元にラスティが迎えに来ますが、迎えの車には、ベネディクトの元にいたテスが乗っていました。

ダニーは、大金と同時にテスを取り戻すことに成功したのでした。しかし、喜びとともに走り去る車の後ろには、ベネディクトの部下が乗った車が続いていました。

ここで物語は終わりを迎え、続編のオーシャンズ12へと繋がっていくのです。

『オーシャンズ11』の感想

オーシャンズ11は、一言でまとめてしまうなら「ひたすらオシャレ」な映画です。

オーシャンズ11は、ストーリーは単純明快、金庫の大金と悪者の元になびいた妻を取り戻すというベタなアクション映画ですが、それを補って余るオシャレ感で、見事なショームビーに仕上がっています。

カジノという非日常を舞台としたラグジュアリー感、豪華俳優たちの颯爽とした出で立ち、鮮やかな盗みのテクニック、そのすべてが絶妙なバランスで画面を彩り、ラストまであっという間に時間が過ぎていきます。

オーシャンズ11には様々なオシャレ要素がありますが、その中で敢えて、特筆すべき点を挙げるとすれば、登場人物たちの佇まいとあっと言わす盗みのテクニックではないでしょうか。

登場人物がオシャレ

オーシャンズ11で特に、オシャレ要素を感じさせるのが、登場人物たちのクールな佇まいです。

オーシャンズ11は先にも述べたように、決してストリーに工夫が凝らされて映画ではなく、むしろ、ストーリーだけを切り出して見れば、B級アクション映画のようなチープささえ漂ってきます。

しかし、一切のチープさを感じさせないのは、登場人物の佇まいが圧倒的なためだと思います。

オーシャンズ11の登場人物たちは、それぞれ、個性的なファッションに身を包んでいますが、その似合いぶりが半端ではありません。

すでに公開は17年が経った映画で、決して今のファッショントレンドからすると新しさのあるスタイルではありませんが、全く古さを感じさせない佇まいがあります。

個人的には、特に、ダニーの右腕として登場するブラッド・ピッド扮するラスティが良い味を出していると思います。

ラスティは、いかにもインチキ詐欺師といったような、開襟シャツと肩幅の大きなスーツをまとっていますが、それが不思議と似合っており、パリッとしたクラシックスなスーツスタイルのダニーと絶妙なバランスを作っています。

ダニーとラスティのファッションと佇まいが映画全体の雰囲気を作っていると言っても過言ではありません。

盗みのテクニックがオシャレ

もうひとつ、オーシャンズ11をB級映画ではなく、一流のアクション映画たらしめている点が、盗みのテクニックです。

オーシャンズ・イレブンは、カテゴリ的には、アクション映画と言っても良さそうですが、アクション映画につきものの、派手な銃撃戦やカーチェイス、あるいは、拳を交えるようなファイトシーンがほとんど登場しません。

オーシャンズは、あくまでも、それぞれが持つスペシャリティを武器にして、チームワークで盗みを働きます。そして最後には、いかにも悪役っぽい雰囲気を醸し出す、アンディ・ガルシア扮するベネディクトを欺くのです。

その姿は、まるで『ルパン三世』の登場人物たちを彷彿とさせます。しかも、オーシャンズは、映画の中で、ほとんど焦る素振りや苦しい表情を見せずにそれをやってのけます(見せる時は敵を欺く演技として、です)。

もちろん盗みは犯罪と言ってしまえばそれまでですが、暴力に頼らずクールに敵を欺く姿は、見ていて独特の爽快感と痛快感を感じることができます。

映画の終盤、「仕事」を終えたオーシャンズが、ドビュッシーの『月の光』をBGMにカジノの噴水の前で勝利の余韻に浸るというシーンがありますが、その頃には、気持ちはまるでオーシャンズの一員になったかのように晴れわたります。

暴力に頼らない勧善懲悪を鮮やかに見せてくれるオーシャンズ11は、日頃のストレスを吹き飛ばすのにベストな映画なのかもしれません。

『U-NEXT』を詳しく!!

関連記事

『ワイルド・スピード SKY MISSION』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hu...

『グーニーズ』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで...

『ミッションインポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ(ネタバレ・感想)|H...

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dT...

『ジュラシック・ワールド』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-N...

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hu...

『ゴーン・ガール』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTど...

『プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hul...