dTV|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

dTVとは、NTTドコモによる定額制の動画配信サービスのことをいいます。以前まではdocomoユーザーのみの対象サービスでしたが、現在ではキャリアフリー化されて一定の条件を満たしている人なら誰でも利用可能となっています。

何よりも圧倒的なコンテンツ量が最大のメリットであり、他の大手動画配信サービスに劣らぬレベルだといえます。月額料金は500円に設定されており、動画本数120,000本以上にも上ります。

また、無料期間は31日間とされています。dTVを利用するには、ドコモの認証用ID「dアカウント(旧 docomo ID)」を取得している必要があります。

過去にdocomo IDを作られた方は、dアカウントとして使えます。

『dTV』公式サイトへ!!

dTVの特徴とは?

dTVの特徴とは?
dTVの最大の強みは、何といってもコンテンツの豊富なラインナップだといえます。その動画数は120,000本にも上り、ビデオだけに留まらずミュージックビデオやカラオケなども含まれています。

dTVの凄いところは、流行りの最新作ばかりではなく、過去に注目を集めた優秀な作品も多く取り揃えられているため年齢層関係なく楽しむことが出来るので人気を集めてる理由の一つといえます。

コンテンツ量が豊富なため満足できる!

名高い映画でも、見たことがない作品もあるものですがdTVに登録したことをキッカケに、見逃していた優秀な作品を見るチャンスにもなります。映画だけでなく、韓流やアニメも豊富であり満足度が非常に高いサービスだといわれています。

更には、avexグループが運営する「BeeTV」も取り扱いがあり、ライブ映像やミュージックビデオを見ることができます。

dTVの料金と支払い方法について

dTVの料金と支払い方法について
dTVは、月額500円で登録することが可能です。他の動画い新サービスに比べると格安の料金設定ではないかと思います。

ただし、全て見放題という訳ではありませんのでその点はご注意ください。

dTVの支払い方法は?

dTVの支払い方法は、大きく分けて3種類取り扱いがあります。

  • クレジットカード
  • デビッドカード
  • ケータイ支払い

docomoユーザーは基本的にケータイ支払いにて決済が可能となります。docomoユーザーの方なら携帯料金と一緒に支払えますから便利です。

支払いの方法はdTVを登録する時に選べますので自分に合った方法で選択できます。便利なものでdocomoユーザーはdアカウントを発行する際に、dTVに登録するとケータイ払いができるシステムになっているのです。

もっといえば、ケータイ支払いならクレジットカードがなくてもdocomoユーザーでがあればdTVの登録ができるわけです。クレジットカードがない方は世の中に沢山いらっしゃいますし、クレジットカードはあるが使いたくない方もいますのでオススメの方法です。

しかしながら、クレジットカードは個人の信頼度を表す一種の目安ともいえますので、クレジットカードが無い方は便利なので何かの為に1枚作っておくのも良いでしょう。

デビッドカードについては、銀行口座に貯まっているお金を使用することができるシステムのカードです。口座残高を上回る金額の支払いは不可となりますから、クレジットカード決済などで課金しすぎることが不安な方にもオススメです。

まずは、ご自身の銀行カードがデビット機能があるのかを確認しましょう。

dTVの登録方法

dTVの登録方法
dTVに入会するには、最低限こちらの環境が必要となります。

  • インターネット接続環境
  • パソコン・スマホ・タブレット
  • クレジットカード

※docomoユーザー以外の無料お試し登録に対しては、クレジットカード番号の入力の必要があります。クレジットカード番号を入力をしても無料期間中は勿論課金されることはありません。

dTVの公式サイトにアクセスしたら「31日間無料お試し」を選択します。分かりやすく「31日間無料お試し」というタグがあるので、すぐに分かるはずです。

そこから画面の指示に従って会員登録を進めていきます。

dTVに登録する際はdアカウントは必要!

重要なポイントは、dTVを利用するには、「dアカウント」が必要だということです。dアカウントを持っていない方の場合には「31日間無料お試し」を再度選択します。

dアカウントを持っている方の場合は「dログイン」ボタンを選択します。

この「dアカウント」は一体何かを説明しますが、これはNTTドコモのdTVやdアニメストアなど動画配信サービスだけてでなく、ショッピングを利用する際に使える共通IDのことを指します。

前までは「docomo ID」と呼ばれていましたが現在では名称変更がされました。因みに、dアカウントを過去に作ったことがある方なら新規作成の必要はなくログインできます。

引き続き画面に従って入力を進めていき契約をしていきます。そこで終わりではなく、最後に登録メールアドレスに、「dTVご契約頂きありがとうございます。」と通知が来ますので、そこで全て完了になります。

完了したら好きな時にdTVにログインすれば利用できます。

dTVの無料期間について

dTVの無料期間について
dTVでは「1人1回まで」31日間の無料期間が利用できます。初回31日無料キャンペーンでは登録日から31日間キッチリ無料でdTVが利用できますが、1日でも過ぎたら月額料金500円がかかります。

因みに料金は登録・解約した日時に関わらず日割計算になることはありません。注意しなくてはならないのが、本契約や解約のタイミングで損する場合がある点です。

極端にいうと本契約を開始した最初の月が、たった1日のために500円払わなくてはならなくなることもあるのでタイミングが重要なのです。

例えば無料契約期限の3月30日に解約して、4月1日から再契約すれば3月31日たった1日分のために500円払わなくて済みます。月初めの契約、月末解約を基本とするのがオススメでしょう。

勿論、無料期間のみの利用を考えているなら料金発生日ギリギリまで利用がお得です。契約日もdTVの画面内で確認できます。

dTVの解約方法は?

dTVの解約方法は?
上の項目でも記載しましたが、31日間の無料期間は1人1回のみとなりますので無料期間が終了し、しばらくしてから「また利用したい」と考えた時は最初から有料会員登録扱いとなります。

そして非常に多く見かける意見でネット関係の「あるある」ですが、dTVの解約や退会するページが非常に見つけにくいので注意しましょう。

dTVを解約・退会する際の流れです。まずは「My docomo」のページにアクセスします。下にスクロールしますと「サービス一覧」の「ドコモオンライン手続き」を確認し、その中に「ご契約内容の確認・変更」というところがあるので選択します。

するとログイン画面が出るのでログインして、dアカウントとパスワード確認します。そうしましたら「解約」を選択します。

更に下にスクロールしていくと、「dTVの注意事項」があるので必ず確認して「dTVの注意事項に同意する」にしっかりとチェックを入れます。

「次へ」…と進み内容の確認をします。納得できましたら「手続きを完了する」を選択し解約手続き完了となります。

因みに、解約した途端にdTVのサービスは即見れなくなります。気になる作品は早めに見ておくことをオススメします。

dTVの評価や評判

dTVの評価や評判
NTTドコモが運営するというだけあって信頼度も高く、ワンコインという安さの定額制で大変有意義な動画配信サービスだといえますね。docomoの契約者だけではなく、キャリアフリー化されているというのも魅力でしょう。

圧倒的な量のコンテンツですから、大満足間違いなしですね。何といってもdTVのオススメのポイントは、豊富なラインナップと月額500円という安さです。

パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット、テレビで家族で楽しめますね。しかも、1つのアカウントに対して最大5台まで登録ができるのも魅力です。

あえていうならば、セキュリティを考慮してということも考えられますが解約する時の項目の探しにくさという部分は改善して頂けると良いかもしれませんね。

分かっている方は焦らずに済みますが、これを知らない方は「解約ができない!」と焦ってしまう可能性があります。しかし、docomoは安心できるサービスなので解約できないということはありませんから安心しましょう。

『dTV』公式サイトへ!!

関連記事

U-NEXT|料金・無料トライアル・支払方法・評価・評判

auビデオパス|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

Netflix|料金・無料体験・支払方法・評価・評判

ビデオマーケット|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

FODプレミアム|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

Hulu|料金・無料トライアル・支払方法・評価・評判