『シグナル 長期未解決事件捜査班』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで見れる?

『シグナル 長期未解決事件捜査班』のあらすじ(ネタバレ注意)と対応の動画配信サービス(VOD)をご紹介しています。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』が視聴できる動画配信サービス

動画配信サービスをクリックするとより詳しい情報が見れます。

VOD 無料お試し期間 配信
FODプレミアム 31日間
TSUTAYA DISCAS 30日間 ×
ビデオマーケット 初月 ×
Hulu 2週間 ×
U-NEXT 31日間 ×
dTV 31日間 ×
dアニメストア 31日間 ×
auビデオパス 30日間 ×
Netflix 1か月間 ×
※本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

『FODプレミアム』を詳しく!!

『シグナル 長期未解決事件捜査班』のあらすじ


シグナル『長期未解決事件捜査班』というドラマは、二つの時代の捜査官が無線機で繋がり、未解決事件を過去を変えることで解決に導こうと奮闘しながらストーリーが進行していく刑事ドラマになっていて、シリアスな情景で描く推理サスペンスヒューマンドラマにSF要素が加わった作品になっています。

物語の始まりは、2010年に三枝健人(坂口健太郎)が時効が迫る女児誘拐事件を捜査していたある日、廃棄予定でごみ袋の中に入っていた古い無線機から声が聞こえるのに気付き、不審に思いながらも無線機から聞こえてくる声に耳を傾けると、無線機の相手が警察官の大山剛志(北村一輝)だと判明します。

しかし、無線機で話す大山剛志がいるのは現代ではなく、自分が捜査している女児誘拐事件が発生した当初の1995年という過去からの交信でした。

この無線機との出会いによって、過去と現在を股に掛けた奇妙な事件の捜査が開始されます。

無線機が繋ぐ女児誘拐事件の真相

廃棄予定だった無線機から聞こえてきた謎の男(北村一輝)からの交信があった2010年、三枝健人は無線機から聞こえてくる声の主が指示した場所に半信半疑ではあったが向かってみると、そこには謎の白骨化した遺体が遺棄されていた。

司法解剖の結果、その白骨化した遺体が女児殺害事件の捜査線上に上がっていた男性容疑者だったことが判明します。その後、警察は女児誘拐事件を再調査し、容疑者として女(長谷川京子)を逮捕するも時効が成立してしまう。

しかし、科捜研が調べた所、白骨遺体の死亡時期が時効成立の前だと判明し、男性殺害に関与した疑いで女を逮捕した。女児誘拐事件は時効によって幕を閉じるが、この事件がきっかけとなり殺人などの凶悪事件の時効制度が廃止するという法改正が成立する。

また、謎の男との交信は「これが最後の交信になるかもしれません。でも、また無線は必ず繋がりますので、時が来たら私を説得して下さい」という謎のセリフを言い残残し、無線機から銃声が聞こえて無線は途絶えてしまった。

無線機の交信が途絶えたまま時は過ぎ、それから8年後の2018年に長期未解決事件捜査班が発足され、三枝健人も捜査班の一員として未解決事件の解明に挑むことになった。

長期未解決事件捜査班の始動

長期未解決事件捜査班が発足され、最初に取りかかった事件は、26年前に発生した連続殺人事件の解明だった。

この事件は、これまでに10人の犠牲者が出てしまっている事件で、現場に残された証拠や目撃情報が少なかったために捜査が迷宮入りしたしまった事件だった。

少ない手掛かりを頼りに捜査を進める中、三枝健人は再び謎の無線機と交信する機会が訪れ、8年前に無線機で話した謎の男と無線が繋がった。しかし、謎の男は三枝健人を覚えておらず、話しも全く噛み合わない。

話を聞くと、謎の男が無線で話してる年代は、前に話した時より前の1992年だったので謎の男が三枝健人を知る由もなかった。

また、謎の男が三枝健人ら長期未解決捜査班が捜査している連続殺人の捜査をしていことを知り、連続殺人事件の7番目に被害にあった犠牲者の捜索をしている最中だということも知る。

過去から通信している大山剛志は、未来から通信している三枝健人から自分が捜査している連続殺人の被害者を知ることとなり、8番目の犠牲者になるはずだった女性を未然に防ぐことに成功する。

その大山剛志の行動によって死亡するはずだった8番目の犠牲者は現在まで生き残り、無線で連絡を取り合った時とは違う歴史へと変化するが、過去では連続殺人が止まることはなく、9番目の犠牲者が事件に巻き込まれてしまう。

その後、三枝健人は連続殺人事件で最後の犠牲者を救うべく、無線機で大山剛志に事件の詳細を伝える。その被害者は大山剛志が髪留めを贈った女性だと知らされ、大山剛志は彼女を救おうと動くが一足遅くなり彼女は殺害されてしまう。

一方、2018年では連続殺人犯が新たな事件を起こし、その後に自ら出頭する。自首してきた容疑者は、これまで殺害してきた10人の被害者が利用していたバスの運転手だった。

しかし、その後の捜査の結果で連続殺人犯が運転手ではないことが判明し、11番目の被害者が過去に運転手の息子の殺害現場を目撃していて父親である運転手を脅迫していたバス会社に勤める女性だったと判明した。

事件は収束に向かい、髪留めを贈った女性を守れなかった大山剛志は悲しみに苛まれて刑事を辞める決意をするも、彼女の父親の言葉で辞職することは思い留まった。

その夜、大山剛志は無線を通じて真犯人である運転手の息子が未来で逮捕されたことを三枝健人から報告を受けた。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の感想


このドラマでは、二つの時代が交差しながら物語が進んでいきますので、物語の展開をきちんと理解しながら観ていかないと途中で訳が分からなくなってしてしまう可能性があると思いました。

ですが、物語の性質上で細かな展開の変化は仕方がないと思いますし、激しく転換する描写が緊迫感が色濃く感じられる要因なのだと思います。

また、未解決事件が解明されていくストーリーや過去と現在が交差する展開は勿論のこと、登場人物の関係性も見逃せないポイントの一つです。

過去の登場人物が現在にどう関わっているのか、または現在の登場人物が過去の出来事や登場人物との関わりなど、ドラマに出てくる登場人物の関係性に関しても今後の展開が見逃せません。

違和感のあるキャスト

これはあくまでの個人的な感想なのですが、このドラマを観ていて感じたのは登場人物を演じている俳優さんに違和感を感じてしまいました。特に、主要キャストである三枝健人を演じる坂口健太郎さんと大山剛志を演じる北村一輝さんに違和感を感じました。

違和感と言っても決して悪い印象ではなく、俳優さんのイメージと演じている登場人物が合わない時があると個人的には思っています。主人公である三枝健人ですが、自分の意見を主張する時は上司にも噛み付くという熱血漢の一面がある刑事だと思います。

しかし、三枝健人を演じている坂口健太郎さんは、どちらかというと気の優しい笑顔が爽やかなイメージが強いので、上司に噛み付くシーンなどでは違和感を感じてしまいました。

さらに、主要キャストの大山剛志ですが、どちらかというと落ちこぼれ刑事のイメージがあり、三枝健人と無線機でやり取りしている時なども敬語を使っていて低姿勢な感じに映っています。

そんな大山剛志を演じている北村一輝はコミカルな役柄を演じる時もありますが、ミステリアスな役柄や俺様系の役柄のイメージが強いので、このドラマに登場する大山剛志とはギャップを感じてしまう時がありました。

先程も言いましたが、あくまでも個人的なイメージに基づく印象ですので賛同できる人は少ないとは思いますが、視聴者の一人の感想だと割り切って受け流してください。

ドラマを観た感想と比較

シグナル『長期未解決事件捜査班』を視聴した感想は、過去と現在で起こっている出来事が絶妙に交差していますので、他の刑事ドラマより緊迫感が2倍感じられるドラマだと思いました。

また、時代背景も細かく作り込まれていますので、過去と現在の両方に出てくる登場人物も年代に合わせた身なりや表情で違和感を感じさせない作りになっていると思いました。

刑事ドラマの内容として考えた時の感想は、1話完結で事件を解決するドラマではないので見逃してしまうと話が飛びすぎてしまうと感じました。

このドラマ自体が重大な終着点に向かって物語が展開されているのは想像できますし、1話完結の刑事ドラマとは性質が異なり、ヒューマンドラマとしての要因が強い作品なのだと感じました。

そんな性質のドラマなので、見始めると途中では止まれないドラマになっていると思いますし、まだ謎が多い段階ですので今後の展開が楽しみなストーリー構成になっていると思いました。

これらが要因で総合的には面白いという感想になりますが、少し腑に落ちない部分もあります。それは、無線機を使った当事者である三枝健人だけが過去の改変の影響を受けないという点です。

物語が進行していく上では仕方がないとは思うのですが、少し都合が良すぎる現象だと感じました。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』の各話タイトル一覧

  • 第1話 過去とつながる無線 15年前の誘拐の謎!
  • 第2話 時効成立20分前!極限の攻防戦 新たな未解決事件!
  • 第3話 変化する過去!殺人の連鎖!再び動き出した凶悪犯
  • 第4話 死のバス 連続殺人の衝撃の結末!時を超えた奇跡とは
  • 第5話 刑事失踪の謎を追え!新たな事件発生!無線の悲劇
『FODプレミアム』を詳しく!!

関連記事

『パパ活』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで見れ...

『正義のセ』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで見...

『ラスト・シンデレラ』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEX...

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV...

『クズの本懐』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXT,FO...

『きみはペット』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXT,F...