ビデオマーケット|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットが運営する国内最大の配信数を誇る動画配信サービスです。

特に新作ドラマやアニメに力を入れており、月額有料の会員になると視聴するために使えるポイントが毎月付与されたり最新の動画を割引価格で視聴できるなど、大変お得なメリットがあります。

ビデオマーケットは公開したての最新映画や、放送中のテレビ番組の見逃し視聴もできます。更には過去の名作映画やドラマまで実に豊富なラインナップとなっており、大人から子供まで一緒に楽しめます。

そんなビデオマーケットは多くの年齢層から愛されるサービスで信頼度も高いです。

驚くことに日本国内の動画配信サービスの中では動画配信数は「No.1」を誇り、他の動画配信サービスでは取り扱いがない作品も多く見られます。

ビデオマーケットの月額視聴コースは2つとなっています。

『ビデオマーケット』公式サイトへ!!

ビデオマーケットの特徴とは?

ビデオマーケットの特徴とは?
ビデオマーケットは、単純に配信数が多いだけのサービスではありません。ビデオマーケットは、デジタル先行配信の最新作が「日本最速」で見れちゃいます。

これはビデオマーケットの最大の強味ともいえますが、デジタル先行配信を知らない方の為に説明していきましょう。そもそも動画配信サービスは、レンタルショップからDVDなどをわざわざレンタルして配信しているわけではありません。

データをダウンロードして動画を「再生」しているわけです。

その結果、DVDなどの表紙やパッケージの準備が一切不要となりますからレンタルショップとは違って、いち早く最新作の配信が可能になるのです。

つい先日まで映画館で公開していた最新作でも、ビデオマーケットならいち早く視聴することができますからレンタル開始まで首を長くして待つ必要がないのです。

ビデオマーケットの料金と支払い方法について

ビデオマーケットの料金と支払い方法について
ビデオマーケットの料金形態と支払いについて説明していきましょう。冒頭でも触れましたが、ビデオマーケットには2つの月額コースがあります。

  • 「プレミアムコース」
  • 月額500円(税込540円)

  • 「プレミアム&見放題コース」
  • 月額980円(税込1,059円)

いずれも毎月540ポイント付与されますが、これは月に動画を2~3本見れるだけのポイントとなります。

「プレミアム&見放題コース」に登録しますと、見放題用の動画が用意されておりまして、それらはポイント消費なしで無料で視聴できます。

また、見逃し動画にも対応しているのでプレミアムコースよりは月額はかかりますが格段に利用できる幅が広がるといえます。因みにポイント保有可能期間は180日間です。約6ヶ月ですから十分に消費できる期間でしょう。

支払い方法はクレジットカード払いと、3大キャリア決済にも対応してます。3大キャリアとは、ドコモ・au・ソフトバンクですね。

キャリア決済は、月々の携帯の料金と一緒に支払えるシステムです。

世の中にはクレジットカードを持たない方も多くいらっしゃいますので、キャリア決済ができればクレジットカードなしでもビデオマーケットが利用できて支払いもスムーズにしやすくて大変便利です。

これも大きなメリットの一つでビデオマーケットの良さでしょう。

ビデオマーケットの登録方法

ビデオマーケットの登録方法
ビデオマーケットの各コースは月額利用料は契約日や解約日に関係なく、毎月1日から末日までが1ヶ月分の料金となり日割り計算はされません。登録にはタイミングも重要でしょう。

登録には以下の情報が必要になります。

  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • パスワード設定
  • 支払い方法の選択

これら5つの項目となり、本人確認書類は必要はありません。実際にビデオマーケットを登録するのは物凄く簡単です。

  • ビデオマーケットの「ホームページ」にアクセスする
  • 「サービス・利用料金の詳細はこちら」を選択
  • 利用したいコースを選択
  • メールアドレスなど必要事項を入力

完了すると、早速利用ができます。パソコンだけでなくタブレットやスマホ、ガラケーでも視聴は可能です。

ビデオマーケットの無料期間について

ビデオマーケットの無料期間について
ビデオマーケットは「登録月が無料」のシステムです。

ここで注意しなくてはならないのは、ほとんどの動画配信サービスは「登録日から1ヶ月無料」のスタイルに対して、ビデオマーケットは「登録月が無料」なので勘違いなさらないようにしましょう。

一体どういうことかを説明しますと、仮に5月に登録した場合には6月に入った段階で自動課金されてしまいます。「登録月が無料」というのは「1ヶ月間無料」とは全く意味が違います。

そのことから仮に5月25日に登録したとしましたら、5月31日までしか無料で利用できないということになります。つまり、たったの6日間のみが無料対象であり月が変わり6月1日からは月額が発生するということになります。

上記の内容から分かるように、基本的に登録は月初め、解約をするなら月末をオススメします。

無料期間をより長く利用したいならば「○月1日」の1日づけの登録が最も得をすることになります。

ビデオマーケットの解約方法は?

ビデオマーケットの解約方法は?
ビデオマーケットの解約と退会方法について説明していきましょう。ビデオマーケットでは、パソコンから退会手続きをする方が楽なのですがスマホからでも手続きはできます。

もし、自宅にパソコンがあるならばスマホでの退会手続きがスムーズにいかない場合、パソコンから作業すると良いでしょう。

パソコンとスマホ、それぞれの退会方法を紹介していきます。

パソコンでの解約方法

ビデオマーケットのサイトにログイン

「プレミアムコースの解除」か「プレミアムコース&見放題」を選択

解約手続きへ

スマホでの解約方法

ビデオマーケットにログイン

三本線をタップ
「ユーザーメニュー」を選択


「登録解除」をタップ
現在のプランを解除

解約できているか心配な方はキャリア決済にしている場合、ビデオマーケットの月額契約状況を確認してみると紐づいているので確認できます。

しかし、上記の作業のみですと月額料金は発生しなくなっただけです。早い話、ビデオマーケットを退会したわけではなく月額会員から無料会員になっただけの状態です。

ビデオマーケットでは、「解約(解除)」と退会はそれぞれの手続きが必要なのです。無料会員状態ですと、当然メールアドレスなどの情報が記録されたままになっていることになります。

気になる方は完全に退会する手続きが必要となりますので、その場合は有料コースを間違いなく解約した後に「退会」手続きを行いましょう。

ビデオマーケットの評価や評判

ビデオマーケットの評価や評判
ビデオマーケットは配信本数が多く、新しい作品から古い名作まで国内の作品も豊富で19万本以上ですから利用価値は十分にあるといえます。

また国内の作品だけでなく韓流やアニメ、バラエティ、更には洋画も充実しています。特に嬉しいのは、新作のドラマやアニメが早々に見れることでありポイントが高いですよね。

テレビチャンネルは日テレやテレ朝、NHKやフジテレビ、テレビ東京など多くの局から配信されていますので、うっかり録画し忘れた番組も「見逃し配信」ですぐに見ることが出来ます。

注意点としては、あくまでも無料期間は「登録した月」であるということと、登録解除と退会手続きは別にしなくてはならないという点です。

『ビデオマーケット』公式サイトへ!!

関連記事

U-NEXT|料金・無料トライアル・支払方法・評価・評判

Netflix|料金・無料体験・支払方法・評価・評判

FODプレミアム|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

TSUTAYA DISCAS|料金・無料お試し・支払方法・評価・評判

dTV|料金・無料期間・支払方法・評価・評判

auビデオパス|料金・無料期間・支払方法・評価・評判