『三度目の殺人』のあらすじ・感想(ネタバレ含む)

『三度目の殺人』のあらすじ(ネタバレ注意)と対応の動画配信サービス(VOD)をご紹介しています。

『三度目の殺人』が視聴できる動画配信サービス

動画配信サービスをクリックするとより詳しい情報が見れます。

VOD 無料お試し期間 配信
FODプレミアム 31日間 ×
TSUTAYA DISCAS 30日間
ビデオマーケット 初月
Hulu 2週間 ×
U-NEXT 31日間
dTV 31日間
dアニメストア 31日間 ×
auビデオパス 30日間
Netflix 1か月間 ×
※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 『U-NEXT』を詳しく!!

『三度目の殺人』のあらすじ(ネタバレ含む)


2017年の秋に公開された映画『三度目の殺人』。

『そして父になる』や『海街diary』の是枝監督が手掛けたサスペンス映画です。福山雅治・役所広司・広瀬すずという豪華キャストが話題となりました。

福山雅治演じる重盛は、とことん勝負にこだわるタイプの弁護士。彼が担当することになったのが、とある殺人事件。死刑確実と言われていた容疑者(役所広司)を無期懲役刑に減刑すべく、重盛は調査を始めます。

そこで被害者の娘(広瀬すず)が三隅のもとを頻繁に訪れていることを知り・・・。単なる殺人事件と思われていた事件の謎が深まっていきます。単なるサスペンスではなく、人間の真理に迫る映画。そのあらすじを紹介します。

事件の発端から咲江の存在・三隅の供述の変化

友達からの依頼でとある殺人事件を担当することになった重盛(福山雅治)。彼はとことん勝負にこだわり、「真実は何か」ということには興味を持たない男だった。

被告人は三隅高司(役所広司)。自分をクビにした食品会社の社長・山中光男を殺害したという容疑だった。三隅はギャンブルで借金をしており、金に困っていた。会社をクビになったことで生活は苦しく、怨恨が動機。

三隅は30年前に借金取りを殺害しており、仮釈放中。その中での犯行だったため、今回は死刑が確実視されていた。

重盛が三隅に抱いた印象は、「どこか捉えどころのない人間」というものだった。犯行自体は認めているものの、その証言はコロコロと変わって信ぴょう性が低い。

ある日、三隅が週刊誌に対して重盛に対して行っていたものとは異なる証言をする。それは、「犯行は山中の妻(美津江)から依頼されたものであり、保険金が狙いだった」というものだった。調査のため、重盛は三隅の家へと向かう。

その家の整頓された状態に、重盛は違和感を覚える。借金まみれて首が回らなくなった男の家には見えないのだ。そして、大家の話に驚愕する。

「三隅のもとに、足に障害のある女の子がよく遊びにきていた」。関係者の中にその特徴と一致する人物がいた。被害者・山中の実の娘、咲江だ。被害者の娘と加害者に交流がある。この事実から、重盛はある疑いを持つようになる。

≪三隅は最初から捕まる気だったのではないか≫。その真実が明らかにならないまま、裁判は始まった。

公判の後、咲江が重盛のもとを訪れてきた。その内容にまた重盛は驚かされる。「自分は父親から性的暴力を受けていた。三隅が父親のことを殺したのは自分のためだ」この証言で、事件の意味合いは一変する。

重盛は咲江の供述を聞き、一つの可能性を思い浮かべる。咲江自身が犯人なのではないか。その罪を被るために三隅は嘘の供述をしているのではないか。そのことを重盛に問い詰めても、「娘の言っていることは嘘だ」と笑みを浮かべてはぐらかされる。

ある日、また三隅が供述を変える。「本当は、殺していないんです」。重盛は言葉を失った。今までの供述は何だったのか。

聞けば、刑事や検事に「嘘をつかなければ死刑にならない」と言われて嘘の供述をしてしまったと涙を浮かべて訴える。重盛は困惑しながらも、三隅の必死な姿に「三隅は咲江を守ろうとしている。

咲江が暴行のことを証言して傷つくことが無いよう、最善を尽くしている」のだと確信した。

三隅への判決と結末

自白を覆して犯行を否定したところで、三隅の死刑は確実だった。無実を証明する証拠は無いのだ。三隅は、咲江を救いたい。咲江は、三隅を救いたい。

両者の願いを知っている重盛だったが、三隅の願いを優先させた。咲江には、自分が暴行を受けていたことを伏せるように伝えた。暴行されていたと証言すれば、三隅の犯行が明白になる。咲江はそれを防ごうと決め、重盛に言われた通りに証言した。

三隅への被告人質問。予定通り、三隅は無実を主張する。検察側・弁護側・裁判長で話し合いが行われた。三隅の主張を認めるなら、裁判をやり直さなければならない。裁判長は、裁判の続行を選択。三隅の主張は退けられた。

「その方が訴訟経済にもかなう」。裁判にかかる時間や資金を考えた上での選択だった。

判決の日。三隅に下されたのは「死刑」だった。本当にこれで正しかったのか。三隅の願いを優先させ、三隅を死刑にした。それは自分だという事実に、重盛は愕然とした。

本当の犯人が誰だったのかは分からない。確かなことは、三隅が死刑というかたちで殺される「三度目の殺人」に重盛が加担しているということ。

真実に全く興味がなかった重盛だったが、今は違う。

「今度こそ、本当のことを教えてくれよ」

『三度目の殺人』の感想


福山雅治、役所広司、広瀬すずという豪華なキャストに期待して見た作品でした。非常に話題にもなっていて、CMの動画での福山雅治さんの鬼気迫る演技と、役所広司さんの不気味な雰囲気が今でも印象に残っています。

サスペンス映画では、犯人や事件の真相が分かって「すっきり」した感情で見終わることが多いと思いますが、この映画は逆。最後まで真実が何なのか分からず、皆が本当のことを言っているのかも疑問。

ずっと不安な感情で心がザワザワするような感覚で進んでいきます。結局犯人も分からず終いです。しかしそれが「人」を描く是枝監督の魅力なのかもしれません。

あくまで登場人物の心情の動きが主題であり、事件自体はそれを描く上での材料。そんな気がしています。

重盛の出した結論について

この映画の主人公は、確実に重盛です。彼はもともと「真実」に全く興味のない弁護士でした。しかし三隅の事件を通して、大きく変化していきます。

どうしても真実を知りたい。そのために奔走するのです。その上でたどり着いた結論が、「三隅は咲江を守ろうとしている」「咲江も三隅を守ろうとしている」というもの。その上で三隅の願いを優先させ、三隅を死刑へと導きます。

まず、2人がお互いを守ろうとしているという結論は、重盛が「そう思いたかった」「自分だったらそうするだろうと感じた」からのような気がしています。

三隅のよく分からない言動を理解しようとする時、自分が理解できる文脈で処理しようとしたのではないでしょうか。そして、自分も子どもがいるという共通点から、咲江より三隅に共感した。

そして三隅の願いを優先するという結論に至ったように感じられます。しかし、それが真実とは限らない。むしろ重盛の主観が働いているため、真実からは離れていってしまっている可能性も十分に考えられます。

映画を観ている限り、三隅が単なる狂人であるという解釈もできるのです。

人は真実を追い求めるけれども、自分が解釈したいように解釈してしまう。そんな人間の真理が描かれているように感じました。

結局、犯人は誰だったのか

私としては、「三隅が咲江をかばって死刑になった」という、重盛が一旦出した結論で理解したいと思っています。そう考えることで、映画を観ている間感じていた不気味な感覚が気持ちよく消化されるような気がしているからです。

逆に、咲江が犯人だった場合のことを考えると非常に後味が悪い感覚になります。ずっと父親を殺したいと願っていた咲江が、自分の手を汚さない方法を考えた。それは、前科のある三隅を利用するという方法だった。

娘がいる三隅は、性的暴行で傷ついている咲江に確実に感情移入する。そして咲江をかばい続け、結局死刑台へ送られることになった。真犯人の咲江は裁かれることなく、被害者の娘として元の世界で生きていく。

真実が分からないままで終わっているので、この可能性も残されているのだと思います。
しかし、三隅が死刑になったことは事実。この事実を作り出したのは重盛であり、裁判の制度です。「人を裁くことの是非」について考えさせられました。

そして、「真実とは誰かが作り出したものである」という社会の真理も描かれているように感じています。

「人間」を徹底的に描く是枝監督だからこその結末ですし、普通とはちょっとちがうサスペンス映画だったと感じています。

『U-NEXT』を詳しく!!

関連記事

『家路』のあらすじ・感想(ネタバレ含む)

『告白』のあらすじ(ネタバレ・感想)|Hulu,dTV,U-NEXTどれで見れる...

『そして父になる』のあらすじ・感想(ネタバレ含む)|Hulu,dTV,U-NEX...

『海街diary』のあらすじ・感想(ネタバレ含む)|Hulu,dTV,U-NEX...